◆新着情報

2020/05/21

緊急事態宣言解除を受けた当オフィスの方針

大阪府、京都府、兵庫県の緊急事態宣言が解除されました。

当オフィスでは、徐々に、従来の形のセラピーに戻していく方針としています。

これまで通り、面接前後のドアノブや接触箇所の消毒、面接中の窓の開放、
2m以上の座席間隔の確保など、感染防止対策を徹底してまいります。

新規申し込みも再開いたします。

患者様におかれましては、体調不良、発熱、咳など諸症状が見られます時には、
来談をお控えになっていただきますよう、お願いいたします。

2020/04/07

緊急事態宣言を受けた、当オフィスの方針

新型コロナウィルス(covid-19)の感染拡大により、本日、日本政府より緊急事態宣言が発令されました。

 

これを受け、当オフィスでは、緊急事態宣言が発令されている期間内は、来談される方の心身の健康を守るために、可能な場合は、オンラインでのカウンセリング・スーパーヴィジョン、またはお休みに切り替える方針です。

 

クライエント様、スーパーヴァイジーさんに個々にメールにてご連絡をいたしますので、お待ちください。

 

また、新規の申し込みについては、現在、受付けを一旦中止しております。

コロナウィルスの感染拡大により、非常に不安の高い状況でお待ちいただくのはたいへん恐縮ですが、オンラインで初対面の方に専門的なかかわりが十分に確保できるか、判断が難しいと考えております。
どうしてもと思われる方は、オンラインでのコンサルテーションなどで対応させていただく場合もありますので、ご相談ください。
通常の精神分析的心理療法をお求めの方は、直接お会いした方が、より専門的な技術を提供できると思いますので、お待ちいただけますよう、お願いいたします。

2020/03/07

サポチルの「精神分析入門」セミナーで「現代クライン派の臨床と理論」の講義をさせていただきました

 

3月7日、NPO子どもの心理療法支援会(サポチル)の入門セミナーにお招きいただきました。

今回「現代クライン派の臨床と理論」の講義をさせていただきました。

また、事例検討会でのコメントもさせていただきました。

お招き下さった津田真知子先生、参加者の皆様、どうもありがとうございました。

 

2020/03/02

新型コロナウィルス流行による当オフィスの方針

新型コロナウィルス(covid-19)の流行により、当オフィスでは、以下のように対応いたします。

1)セラピストは、毎朝検温と風邪症状の有無を含めた体調管理に務め、風邪症状がある場合には、面接やスーパーヴィジョンをキャンセルさせていただくことがあります。

2)クライエントの皆様も、新型コロナウィルスを疑われるような風邪症状がある場合、ご家族様などに風邪症状がある場合には、来室をお控え下さい。

3)面接と面接の間に、毎回換気をし、ドアノブなどは消毒を行います。

4)クライエント、スーパーヴァイジーの方が希望される時には、マスクをつけて面接、SVを行うこともできます。

5)その他、ご心配なことがありましたら、直接セラピストにご相談下さい。

2019/11/22

東京大学「職域・地域架橋型-価値に基づく支援者育成」プログラム(TICPOC)にて講義させていただきます

12月22日9時~

東京大学「職域・地域架橋型-価値に基づく支援者育成」プログラム(TICPOC)にて、

「手の届き難い方への精神分析的アプローチ 
ー援助提供モデルと自己理解促進モデルの長所と短所ー」

と題した講義をさせていただきます。

TICPOCにご関心のある方は、

https://co-production-training.net/

までどうぞ。今年度プログラムは既に半ばを過ぎていますが、
来年度も開催され、プログラム受講の募集中です。

1 2 3 4 5 6 7 8